若月の木谷

病院に初めて看護師が就職を果たした時、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、大体希望を叶えてくれるところもある一方、そこで人事を引き受ける人の見解により、確定されたりすることもありそうです。望んでいない配属になったとしても、その場所でその人が必要だという病院側の判断により、充分に考えられた配属であることが殆どです。でももし、その配置に不満がやまないのなら上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。激務で知られる看護師ですが、どんな時に看護師としてのやりがいを得られるかといえば、元気になって退院していった患者さんが、後に改めて病院まであいさつにきてくれた時です。そしてまた、患者さんのご家族に感謝の気持ちを伝えてもらった時なども、大変に感動したりします。よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、仕事からやりがいを得られない場合は、看護師を辞めることを願ってしまうでしょう。病棟勤務の看護師として働いている者ですが、気になったことがあります。どうやら看護師は喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。煙草の害については、散々耳にしますし、社会的にも否定的な面が大きくクローズアップされていることもあって、看護師の喫煙率も多少減ってはいるようです。でも、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。また、お酒の席での看護師たちの酔いっぷりといったら堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。人間関係について言えば、看護師の世界は最悪に近いといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、職場に占める女性の比率がとても高いということが、その主な理由であると考えても良いでしょう。なにしろ、女性はすぐにグループを作ってそうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、女性ワーカーの多い職場だと、何か独特の雰囲気が漂います。あまり健全ではない、そんな空気の中にいてやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、と知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。看護師らの労働環境はあまり良くはなく、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、残念なことですが、過労死してしまった看護師もいるのです。きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、看護師需要は高まるばかりで、看護師の働く現場では、どこも大変過酷なようです。仕事を続けながら、妊娠を継続させている看護師は大勢いますが、気を付けてほしいことはする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。エックス線撮影やCTなど放射線を利用する検査の際、そこに居合わせることもよくありますから、細心の注意を払ってほしいところです。同様に、薬にも身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、注意するべきでしょう。一方で、看護師の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。必ず適度な休憩を取るようにします。二年ほど前から、病院事務として勤務しております。日常的に、仕事上で看護師の方と接することはあまりないのですが毎日お忙しそうにしていますね。夜勤でも働いている方は、家庭、特に育児もこなすことは並大抵のことではないだろうなと感じます。だけど私の想像以上に上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、看護師さんの中で、子連れで来ている方が少なからずいらっしゃるんです。先生方も喜んで迎えられていて終始温かないい雰囲気となりました。景気に関係なく求人が途切れることのない看護師は、転職が大変やりやすいといわれています。転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、次の段階、すなわち面接に進むことができます。これまでの経験や職務について、志望動機など質疑応答を織り交ぜつつ、話すことになるでしょう。しかし、能力的なこと以外に、職場仲間として適応できるかどうか、性格や人間的なところもテストされていると思ってください。技能や知識のみならず、人としての良い面をアピールできると、とても有利でしょう。法律において、看護師というものはどういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。基本原則として、医療行為を行うということは認められていないのが現状ですが処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。そうはいっても、患者さんの容体が突然変わってしまったり、急を要する場合には、経験を積んでいる看護師に限り、医療行為も少しぐらいは認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。収入面において、看護師という仕事は、他と比べると、女性の仕事としては、給料はかなり高めになっている、ということはよく知られています。責任の重い、医療現場を職場にしていることに加え、夜勤や残業が多く、それに対する手当を確実に支給されるからです。誰もがあまりやりたくはない夜勤が多かったり、進んで残業をたくさんするというような看護師ですと、給料はもちろん、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。たとえば正社員として働く看護師は月給制です。でも、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。時給がどのくらいなのかというと日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでがパート看護師の時給としての相場です。パートとしては良い時給なのかもしれません。しかし、専門職である人命に関わる看護師であり、かなりの激務をこなしていることを思うと、どうしても安く感じてしまいます。どこの業界にもこういったものはあるようですが、看護師の世界で通用する業界用語のひとつにカタカナでエッセンと書く言葉があります。食事のために休憩するということを他の勤務中の看護師に伝えるための暗号として使用している現場は多いようです。そもそもエッセンとは、というと、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。昔、この世界ではドイツ語の医療用語が盛んに使用されていた事実があって、それが今まで細々と生き残って今の時代の看護師も、よく使う業界用語です。給料についてですが、看護師の場合は個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。退職時につく手当、退職金はどうかというと、地方公共団体などにより開設された公立病院、または国立病院であるなら、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、そうした規定に沿って支払われます。個人病院はどうなっているかというと、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。公立病院に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。他はそうとも言えない、ということになるでしょう。特に90年代の終わり頃でしょうか、看護師はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると世間的に認知されていた節があります。しかし、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できるということを知る人は多くなってきています。イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。看護師の給料と言えば、一人の女性が自身の稼ぎのみで、家族が食べていけるようにできる程です。そう、つまり看護師は給料の高い専門職だということです。女性に人気の高い職業の一つ、看護師になるためには、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。それから、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。そういった、看護師を養成する学校は看護専門学校や短大など、いくつかありますが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く常に神経を使うことになりますし、こうした生活が続くと多くの看護師はストレスに悩まされます。ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、精神的なきつさも感じることになります。ストレスを和らげ、自らをケアする手段を探し出せるかどうかというのは、看護師というハードな仕事を続けていくためにはかなり重視するべき点ではないでしょうか。働く時間も休みも不規則な看護師の仕事ですが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、基本的に土日は休みになります。予定にない急な出勤や、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、それでも、土日はかなり休める印象です。あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、診療科にもよりますが、たいてい土曜、日曜、祝日は、お休みです。看護士と看護師、発音は当然同じですが、この二つを漢字で書き表すとどちらでも書くことができます。過去には「看護士」が男性、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。それが、2001年に法律が改正され、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な「看護師」として統合されました。看護師になろうと思ったきっかけは職業体験というものが中学の時にあって体験先の介護施設の看護師の方に心を動かされたのが契機となりました。将来は、ああいう風になりたいと感じたのが始まりで看護学校に行くことを決め、現在は看護師として勤務する毎日です。楽しいことばかりではありませんが、看護師になってよかったです。夜勤シフトもあって、看護師の勤務時間は一定しません。当然、休みはきちんともらえますけれど、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースが大変多いようです。例えば出産して、小さな子供を抱える身になったらそれこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないと夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。とは言え、近年においては復職を希望する人の例が増えてきており、大きな戦力となっています。よく知られていることですが、看護師の仕事というのはかなりハードではあります。なので、辛いと感じることも多いでしょう。二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、生活が不規則になってしまい、そうこうしているうちに、体調を悪くする人もいます。立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければ疲労はたまる一方であり、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、つくづく、身体に負担がかかっていることを思い巡らすようなことになるのです。要資格の専門職である看護師ですが、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。自身の結婚、出産あるいは転居など個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、転職する人の中には、看護師としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ志望した病院に、断られてしまうこともあり得ます。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、設備の揃った総合病院で、最先端の看護を学びたい、などなど志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。交代制で働く看護師の、勤務終了前の大事な仕事として、多くの病院では、申し送りを行っています。入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、看護師が把握しておくべきことについての諸々を勤務終わりの人が勤務始めの人に報告するというものです。伝え忘れなどミスのないようにし、また、相手がきちんと理解できるようになるべく簡素に話す努力が必要です。また、申し送りに時間をかけると、その間に人手が減ることになりますから、要領よく、そして素早く行うこともとても大事なことです。働く時間を、自分である程度調整でき、やりたい仕事を選んで働ける、等などが派遣の看護師として働く上でのメリットでしょうか。その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、こちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合はできれば、派遣で働くということも考えて仕事を探すと、選択肢がとても増えます。ドラマのようには上手くはいかないのが看護師の仕事です。普通やることもたくさんあるのですが決められた労働時間以外の業務もあったりして残って仕事をしなければならないことがよくあります。しかし、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、にこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。直前まで愚痴を言っていても突然笑顔になるのです。考えようによっては看護師は女優みたいなものだと思います。転職を希望する看護師の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。たいていの医療機関では、看護師の需要が大変高く、ですから、求人だってもちろん多いです。せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場においてどう考えても給料が労働に見合わなかったり、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。常に激務に晒されている印象のある看護師というお仕事ですが、その勤務時間は、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、育児と仕事の両立を図りつつ、なんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。例えば子供の急病など、退勤を含め臨機応変な対応が必要になることが多い割に、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。ついでに言うと、看護師も他業種と同じように8時間勤務です。病棟勤務の看護師は2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いてみんなが夜勤を務めます。夜勤においては医師や看護師など、人の数がかなり減り、そんな状態で夜間に患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量は日勤よりも多くなる場合がほとんどです。それだけではないにしろ、看護師を志望するモチベーションの一つとして欠かせないものに年収が高いということがあります。新卒の給料を見ても同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、多くもらえていることがわかると思います。そうはいっても、このようにして高収入を得ているのですから、その分、研鑽に励み、患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。少々手間もあるのですが、利点が多い看護師の能力評価については、近年ではだいぶ行なう病院が増えてきました。ちゃんと個人個人の能力について位置づけできるよう、きちんとした評価基準を作っているところも多いです。そして、この能力評価を月に一度の定例にしている所もあり、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。こうして定期的にどう評価されているか知ると、以前と比べて良くなった点、次回に上げたい評価項目などを決めて仕事に反映させることができますから、やる気や、スキルのある看護師にとっては、とても良いシステムでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク