村松だけどアーティキュレーション

どうやら看護師の世界においては、人間関係の難しさが際立っているなどと、言われることは多いですが、単純に看護師の職場には、女性がとても多いから、ということのようです。一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすく顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。あまり健全ではない、そんな空気の中にいていい加減、疲れてしまうかもしれません。でも、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことは納得しておくと良いかもしれません。常日頃、看護師とて奮闘していて、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。全体的に見て、比較的忙しくない病棟として知られているのは、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。しかしながら、医療機関の種類や、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、業務のハードさについては差があります。現実は、看護師が出てくるドラマとは程遠いです。普通やることもたくさんあるのですが実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、仕方なく残業することも日常茶飯事です。けれども、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。さっきまで愚痴っていた人がすぐに笑顔になれるので、時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。私の仕事は病院事務です。普通は仕事中に看護師さんとの接点はありませんが、毎日お忙しそうにしていますね。夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。だけど私の想像以上に忘年会の時に、うまく対処されているなと感じたのが、子供を連れてきている看護師さんが結構たくさんいたんですよ。先生方も喜んで迎えられていてアットホームな雰囲気でした。「看護師」という書き方と、「看護士」という書き方があります。双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。漢字で表現した場合、どちらかで書き表されます。少し前までだと、看護士と書くと男性を、看護婦は女性と明確に分けられていました。それが、2001年に法律が改正され、女性にも男性にも使うことができる看護師の表記に一元化しました。景気に関係なく求人が途切れることのない看護師は、転職が大変やりやすいといわれています。まず履歴書を、転職を希望する医療機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、多くの場合は面接という形になるでしょう。ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど話をすることになります。しかし、看護師としての能力と同様に、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く見られています。看護師としての能力に加えて、人としての良い部分も相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。数年間、専門機関で学んで資格を取得する看護師は、言わずと知れた看護のスペシャリストであり、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。引っ越し、結婚、出産という類の個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ転職そのものが危ぶまれます。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、小規模な病院では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く片時も気を抜くことはできないでしょうし、そうこうしているうちに自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、心にも大きな負担がかかるということになります。そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を探し出せるかどうかというのは、この仕事を続けていくのであればかなり重視するべき点ではないでしょうか。数年ほど、看護師として働いているのですが、気がついたことと言えば、看護師は喫煙者である割合がとても高く、また、飲酒の習慣を持つ人も多いようです。喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、やはり、他職業と比べたら、相変わらず喫煙率は高いです。そして、飲み会などでみかける、看護師たちの酔っ払い方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、少しでも発散できるのなら、多少目をつぶった方が良さそう、と思いました。業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん看護師の世界にも存在します。例えば、エッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。食事のために休憩するということを勤務している他の人に知ってもらうために日常的に使用されています。ちなみにエッセンとは何かといいますと、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。昔は、医療現場でドイツ語がよく使われており、現在までその習慣が微かに残っていてよく使われ、親しまれている用語です。看護師にとって勿論逃げ出したくなることも何度もあるでしょう。 お仕事に関する失敗だけでなく患者さんに厳しいことを言われたりすることだってあります。ですが、それだけではなく、嬉しく感じることや、看護師として働き続けたいと感じることも多くあります。先輩からの励ましや優しい言葉など、周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。激務で知られる看護師ですが、どんな時に看護師としてのやりがいを得られるかといえば、退院患者さんが出るのは喜ばしいことですが、更にそんな患者さんが、わざわざ改めて、病院まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。そしてまた、患者さんのご家族に感謝の気持ちを伝えてもらった時なども、最高にやりがいを実感できます。世間で言われているように、看護師の仕事はかなり辛いものです。ですから、やりがいを覚えなくなったら、辞めてしまおうと願ってしまうでしょう。実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。たとえば正社員として働く看護師は月給制です。でも、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。その時給ですが昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが大体の相場らしいです。単にパートの時給としてみるとなかなかの数字なのでしょうが、専門職である人命に関わる看護師であり、かなりの激務をこなしていることを思うと、あまり良い時給ではないのかもしれません。休みを自由にとれて、したい仕事を多くの中から選べるのが看護師という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。仕事は、単発のものや短期のもの、長期で働ける方歓迎、というものもあって派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。ですから、看護師の仕事を探しているのであれば条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。普通のサラリーマンやOLと違い、看護師の仕事時間は交代制で夜勤があります。休日や時間休も取れますが、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースが大勢いる、というのが現実です。例えば出産して、小さな子供を抱える身になったらどんな時間であっても安全に子供を預けることができる施設なり、実家なりがないとそもそも夜勤などはできないものです。ですが、近頃は子供に手がかからなくなったため復職を希望する人の例が増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。看護師の資格のある人は法律では、どういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。基本原則として、医療行為を行うということは認められていないのが現状ですが処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。ただ、急変時や、切迫した状態では、経験を積んでいる看護師に限り、それなりの医療行為も認めるべきだと思っています。病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の四分の一ほども占めるようになり、この何年か特にお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。ということは、看護師に関してもどれだけいても足りないという程、現在、医療機関はどこでも人手不足のようです。しかし、人材が不足している、ということはつまり、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、転職を希望している看護師にとっては、転職先を見つけやすい等のメリットも確かにある訳です。看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される看護師は慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。もし再就職をしたい、となってもそれは意外と簡単なはずですし、丹念に当たってみるなら、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。近頃ではインターネット上に看護師を対象とした転職、求人を扱うサイトなどもたくさんありますから、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりして条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。言うまでもなく、看護師の仕事というのはきついものであり、肉体的にも精神的にも、辛さを感じることはあるでしょう。夜勤を前提とした二交代制、三交代制の勤務形態もあり、多くの看護師が自然な生活のサイクルを失い、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければ疲れは身体から抜けることなく、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、つくづく、身体に負担がかかっていることを思い知らされることもあるのです。新卒ですぐに勤めた病院では、そのハードさと人間関係に参ってしまって逃げるように辞職し、もういっそ、看護師を辞めてしまおうか、などと悩みました。ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には看護師しかないようなので、別の病院で働こう、と転職を心に決めました。それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、なんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということが当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。どういった医療機関で働いているかで多少違ってきますが、看護師は、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、相当高めの給料をもらうことできます。病院という医療施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、夜勤や残業が多く、それに対する手当を間違いなくもらえる、というのも大きいです。身体的にきつい夜勤が人より多い場合や残業を厭わずに長時間こなすといった看護師の場合、通常より相当、高いものとなっているはずです。少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、医療機関を利用する人も増え、看護師の仕事も大変になるばかりです。労働環境は、決して整っているとは言えず、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、結果として過労死を迎えてしまった看護師もいました。夜勤のない職場に移ったとしても、病院を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、その訪問介護も高齢者があまりにも増えてますます看護師の需要は高まり、高齢化社会のつけを看護師が一身に引き受けるような形にもなっています。食い逸れる心配の少ない人気職、看護師を目指すには、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、受験するための資格を得て国家試験を受け、これに合格すると、晴れて看護師ということになるのです。ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、まじめに勉強していた学生にしてみると、たやすい部類に入るのではないでしょうか。さて、看護師を養成するための機関といいますと複数あります。看護学校、短大、大学や学部などですが、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。24時間対応が求められることの多い、看護師という仕事の勤務時間についてですが、実は意外と調整しやすいようになっています。シフトの具合によっては仕方がないとしても、休暇を時間単位で取ることもできますから、子育てと両立させながらなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。しかし、なんとか対応していける主な理由は、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。それに加えて外来勤務においては、夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。忙しいかどうかは、病院や、診療科によっても違ってきますが、例えば人気のある診療科だったりしますと多くの患者で待合室がいっぱいになり、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかは病院や、診療科によっても違います。私が看護師になった理由は中学校の授業の一環で仕事を体験するという時間があったのですが、介護施設に行ったのですが、そこの看護師さんに感銘を受けたのがきっかけとなりました。将来、仕事を選ぶとき、こんな風に働きたいと思って看護学校へ進み、晴れて看護師になりました。確かにつらいこともあります。しかし、看護師になってよかったです。働く時間も休みも不規則な看護師の仕事ですが、土日祝日の休みをとることもできます。簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、外来は土日はやっていませんから、看護師もお休みになります。変則的な出勤があったり、休日診療の当番が回ってくることもありますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。他には、個人の病院で入院施設がなければ、多くの場合は土曜、日曜、祝日は、お休みです。病院勤務で看護師として働く場合、大きく外来勤務か病棟勤務に分かれますが、仕事内容はかなり異なります。ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、別の仕事先に移ったとしても、慣れている病棟勤務になりやすいようです。そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、考慮され、それを活かせる配置決定となるのが一般的で、雇用する側される側、双方にメリットがあります。仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。もちろん業務の内容によって、給料が変わる可能性も考慮しながら、できること、得意なこと、希望することなどは明確に伝わるように話すと良いです。能力評価では、自分の看護師としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。実行している病院がほとんどのようです。看護師個々の、今現在持つ能力がどれほどのものか測定し、評価をつけられるよう、一からスケールを作っていった病院もあるようです。月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、年に一度だけ、という病院もあるようです。このようにして、月一度なり年一度なりで評価を受けると、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。また、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料は勤め先により違いがあり、例えば大学病院と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。では、退職金についてはどうなっているかといえば、国立や公立の医療機関の場合は、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、納得のいく額が支払われることになるでしょう。翻って個人病院の状況ですが、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、どうやらその辺は、トップの胸三寸といったところがあるようです。決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立病院を選ぶと良いでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク