大田が大屋

母乳を届けるとおっぱいが萎むことを心配する主張を聞きますが、そんなことはありません。方策次第で元の乳房を保つことは可能です。女のおっぱいは懐妊中から膨らみ、分娩までにはブラジャーの体積でいうと2カップくらい大きくなります。その後も母乳をあげていれば授乳前のおっぱいが張っていらっしゃる状態では再び1~2カップほど大きくなります。赤ん坊が母乳を飲めばその分小さくなりますし、断胸や卒胸をしたあとは乳房は懐妊前のがたいに戻ります。ただし乳房体型は下がってしまうことが多いようです。これは乳房のフォームを整えて要るクーパー靭帯が切れたり伸びてしまうためです。懐妊や授乳でおっぱいが凄まじくなったり低くなったりすることでクーパー靭帯は伸びてしまいます。そうすると乳房体型が下がり、垂れた状態になってしまう。クーパー靭帯はとにかく切れたり伸びてしまうと元には戻りません。しかしおっぱいの周囲の筋肉を鍛え上げるためクーパー靭帯の懸念を軽くすることはできます。また適切なブラジャーの実行も効果的です。行動ブラやカップ付きキャミソールではなくちゃんとフォームをキープするブラジャーを押し付け、就寝時も夜用ブラジャーを着用することが重要です。
 他にも乳房トップのがたいは変わっていないのに懐妊による組織の変化でアンダー乳房が大きくなり、その結果懐妊前よりカップが小さくなることがあります。それを防ぐための産後用コルセットもありますので、ラインが気になるお客様は使用することをおすすめします。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク