ひよがマッチ

先日、土日を使って引っ越しました。新居に入った日、入り口の電気をつけたときに「もう自分の家になったんだ」とジワジワきました。その日の夜は、思い切って普段ならぜいたく品の宅配ピザとお寿司、それから好みのワインも用意して引っ越しが無事終わったお祝いをしました。まだ片付けや手続きはありますが、新生活を楽しんでいます。とんでもない数のものが身の周りにある生活をしている方がいるとすれば、その方が引っ越すとき最も大変なのは荷造りが終えられるかどうかです。量の多さが途方もなく、本当に荷造りできるのか自信がなくなってしまったらもう引っ越ししなくても良いと思うこともあるでしょうが、いいきっかけになったと割り切って処分に専念すればその後の生活が変わっていくでしょう。最近引っ越したのですが、聞いていたとおり、本番を迎えるまでが大変でした。マンションの高い階に住んでいたため大きい荷物は業者任せにしました。近所に引っ越したこともあって、お金を浮かせようと小さめの荷物で、自分で運べるものは自分で計画を立て何回にも分けて台車に載せ移動するという流れでした。台車の力は侮れません。この前、引っ越ししたのですが、その準備の時、まずクローゼットを空にしてみると使わないものをためこんでいたことがわかって呆れかえりました。服なんて長いこと着ないで、しまい込んでいたのです。引っ越しが良い機会になっていろいろなものを整理して処分し、クローゼットも、自分の心の引き出しもきれいに片付いて良かったです。引っ越し業者の費用の相場は、同じ内容の引っ越しを依頼したとしてもいつ引っ越すかによって大きく変わります。年度末及び長期休暇中は曜日に関係なく引っ越しの依頼が多いので、基本料金そのものが高くなることが多いです。もしできるなら、繁忙期以外の閑散期に依頼できると費用面では断然お得です。なにしろ閑散期と繁忙期では、倍近く料金が違うこともあります。マンションやアパートですと、今では隣に住む人の顔さえ知らなくても生活が成り立つことがごく普通になっています。そんなご時世であっても、会えば挨拶して、何かあったときにはお互いに助け合えるという関係はあってもいいのではないでしょうか。そのようなご近所づきあいのきっかけとして、引っ越しから間を開けずに、手土産を持って、両隣に挨拶をすることがポイントになります。この町の会社に勤めはじめた10年前に、今のアパートに引っ越すことになりました。3年くらい働いたところで、後は実家に帰りたかったので今の住まいへ住所を変更することはしませんでした。ですが、この町は住み心地が良く、職場もやりやすいところで、辞められる区切りがつかず、結婚の話まで出てきて、よく調べてみるとここの方が税金が安いので今から住民票を移しても遅くはないと思うようになりました。職住接近したい、世帯の人数に変化があったなどをきっかけにして引っ越しするケースが結構あると思います。この際だからと、不要なものや着ていない服などはまとめて処分してしまい、大半の世帯では身軽になって引っ越そうとするでしょう。引っ越しを機会に布団を買い換えたという話はめったになく、引っ越しても同じものを使うことが当たり前になっています。毎日使うものであり、自分になじむものなので服よりもはるかに愛着が強いものなのでしょう。何事もそうですが、引っ越しも段取りで決まります。ダンボールは荷物が全部収まるように準備し、当座必要でないものをどんどん詰めていきます。引っ越すときまで使うものが紛れないようにしておき、大体の用途で分けた上で詰めれば大丈夫です。何が入っているかわかるように、紙に書いて貼っておくと荷物を開くときに役立ちます。ライフライン関係も、転居の手続きがあります。日程を考え、計画的に取りかかりましょう。専門の業者にお願いすると、引っ越しの費用は日によってかなり異なってきます。日本で最も引っ越す人が増えるのは、学校や職場の異動が多い春で、業者が見積もる値段も高めになります。同じく、土日、祝日なども割引はきかないことがほとんどです。そうは言っても、引っ越しする時期や曜日を変えることは難しいものです。インターネットで検索すれば、引っ越しの総合案内サイトや業者の比較サイトがあり、業者からの見積もりを無料で出してもらうことができます。相場はどのくらいかしっかり調べ、余計な費用がかからないようにしたいものです。今から数年前に、自宅を新築して引っ越ししたときに、デスクトップパソコンの移動には全力を尽くしました。なぜかというと、当時3歳だった娘と1歳だった息子の撮った写真のデータは、全てパソコンのドライブで保存していました。運ぶときの衝撃でデータが壊れないようにクッション材はたっぷり使いました。しかし、他の荷物以上に業者さんが慎重に運んでくれて、表面も中身も、全くトラブルなく移動できました。電話回線の移動手続きも、引っ越しの時には考えなければなりません。今は、固定電話があるのは当たり前という状況ではありませんが、固定電話を使い続けるという意見がまとまったら、転居後の回線利用を確保するためのやりとりを進めなければなりません。契約開始が引っ越しに間に合わないと、固定電話のない生活を余儀なくされますから年度末やお盆、年末年始などは特に急いで移動もしくは新規契約の手続きに着手しましょう。家移りを経験した方ならすぐ気がつくことでしょうが、旧居のガスを解約しなくてはなりません。私も、世帯での引っ越し経験があります。さほど難しくない手続きで解約できます。きちんと解約手続きを終わらせないと転居後のガス代も請求される羽目になりますので抜け落ちないよう注意しましょう。こうしたケースでは、引っ越した後もその月の使用料は全て支払いが自分になってしまいますので、要注意です。引っ越しの準備として、忘れてはならないことの一つがインターネット回線のプロバイダーへの連絡です。これが盲点だったという方も多く、これで引っ越し完了と思ったところで、そういえば、ネットが使えないと思い当たった、という話は時々聞きます。当然ながら、引っ越しが重なる時期になれば移転の手続きもなかなか進まないと考えてください。引っ越しの日程が決まり次第、プロバイダーへの問い合わせは早めにしておくのが鉄則です。いろいろな引っ越しがありますが、どんな場合でも生活の様々な点で変化が起こり物入りになるのはみんな同じで、引っ越しで業者を利用するにしても安くあげたいと思うはずです。手始めに、業者の割引サービスが適用される条件を調べてみませんか。他のサービス業でも同じですが、引っ越しの割引もいわゆる引っ越しシーズンを上手く外せばオフシーズン割引になるので、可能であれば、その時期に引っ越しできるように調整していくのがおすすめです。業者を利用した単身世帯の引っ越しは、一般向け引っ越しパックではなく単身者向けパックを使うようにすると比較的安く引っ越せます。多くは専用コンテナに荷物を収めるので、荷物が少ない人しか使えないという思い込みがありますが、結構多くの荷物が収まるものです。コンテナに荷物が入りきれないならば、宅配便など、他のサービスを使ってみてください。様々な理由で、数多く引っ越しを重ねてきた方以外は、引っ越しが人の一生の中でも生活が大きく変わるきっかけでしょうが、数々の大変な事態に陥ることも十分考えられるのです。引っ越し当日はみんな忙しいのに、やらなければならないことがたくさんある中で予期せぬトラブルが起きてしまうと、引っ越し自体が回らなくなる事態に陥りかねないので予定を先取りするくらいのつもりで、準備を進めておくべきです。自分の引っ越しでは、家財道具のうち、大きいものの移動だけ業者に頼んで、後の細かいものは自分たちで動かし、お金を節約しました。荷物の移動が一段落したところで、転入届を市役所で出してきました。いろいろなハプニングもありましたが、何人もの方が協力してくださり、感謝の一言です。挨拶まわりもしてきました。手続きも荷物の整理も山積みですが、一つずつ片付けます。荷作りも終わり、明日が引っ越し当日となれば、忘れず当日のスケジュール調整をしましょう。引っ越し業者の人が何時に来て、作業終了の目標は何時かといった時間を確かめて、それに合わせて動けるようにしておきます。荷物は運びやすいように移動しておきましょう。当日の関係者のために冷たい飲み物の準備をしておきましょう。作業が終わったところで、飲み物を出せば特に暑いときなら、みんなが嬉しくなるでしょう。どんなケースであっても、引っ越しの前に最優先しなければいけないのは転出届を市区町村役場に提出することです。この転出届、現在住んでいる市区町村で役所の窓口で手続きすれば、すぐ受け付けてもらえますが、郵送での受付もできますので、調べてみてください。転居する本人が忙しく、手続きに行けない場合は、委任状を出すことによって、代理人の提出も可能になります。この手続きは、転居する2週間前くらいから多くの自治体で可能になっています。引越しで居住地が変われば、書面やウェブ上で届け出ますが、今後も使うためには、変えなければならないケースも多いです。例えば固定電話の番号は、転居したら変わることがありますね。最寄りのNTTに連絡して、引っ越し後も電話回線を使うために、番号変更の手続きなどを確認しておきましょう。ご存じの通り、固定電話の番号は、市外、市内局番、個別番号の順になっています。同じ市内局番エリア内の引っ越しなら引っ越し後も同じ電話番号を使えます。いよいよ年金生活というと、生活が大きく変わることは避けられません。この機会に、生活環境を変えてみるのも良いかもしれませんね。今のお住まいがマンションであったとしても、持ち家であったとしても、年金生活に突入することで、合わない点が徐々に現れるかもしれません。とりわけ、借家住まいや賃貸住宅ですと家賃負担が大きくなることが予想されます。もっと負担の少ないところに引っ越すのも賢明な選択だと言えます。どの世帯でも、引っ越すときには使うものがあります。荷造りをするときに使うもので、ダンボールの他、テープ、ひもなどは絶対必要です。簡単に入手できるものばかりですが、専門の業者に依頼した引っ越しならば、契約するまでに引っ越しに使ってくださいということで、このようなグッズを必要な分だけもらえることが多いのです。一言言えばもらえるはずのものをダブって余ってしまったという事態にならないよう、見積もり依頼の際には確認するのを忘れないでください。荷造りが大変なものはいくつかありますが、食器は数も多く、とても面倒です。お皿やグラス類は割れ物なので、慎重に包んで詰めていかないと運んでいる途中で壊れることも考えられます。繊細な薄いガラスでできたグラスが、最近の人気です。そういう食器の場合、内側に丸めた新聞紙を入れてから外側から包み、業者によっては専用の箱を用意しているので、それに詰めるというように、どこまでも慎重に包んで、運べるようにするとどきどきしながら荷物を開けることはなくなるでしょう。生活が変わるきっかけとして引っ越しを捉えるならば、いろいろな面にわたって、生活全体を見直すことが必然ですが、いつの間にか引き落とされているNHK受信料をどうするかも検討しなければならないでしょう。もし、引っ越し先でテレビがないとすれば継続して受信料を払う必要もなくなるので、受信料が引き落とされているならそれを止め、NHKとの契約を終わらせることを面倒でもやってみましょう。誰でも引っ越しの際には様々な問題を片付けなければなりませんが、ガスコンロを引き続き使えるか、買い直すのか、検討するのも問題の一つでしょう。自分の場合は新築に引っ越したので当然ながら新しいガスコンロがありましたが、中古の住宅やアパートであれば、今のガスコンロが引き続き使えることもあり得ます。注意しなければならないのは、ガスの種類です。転居前のガスコンロが使えないこともあるのでガスコンロを引っ越しの際に持っていくか、新しいものを買おうと考えているなら新居のガスは何か、確認が必要です。何かの節目でNHKの番組をテレビで見ることはないと予想され、NHKに解約の連絡をすると、自宅に受信できる機械がないことを証明する手続きも要求されて、かなり面倒なことになると思ってください。受信料を口座引き落としかクレジットカード払いにしている場合、解約手続きで時間をとられている間に、容赦なく受信料が引き落とされます。他の手続きよりも早めに解約に向けて動かなければなりません。家中のものを引っ越しのために整理していると、どこの世帯の引っ越しでも不要品が生じます。処分をどうするか考えなくてはなりません。そんなときぜひ利用してほしいのは引っ越し業者が行っている、不要品引き取りサービスです。大型家具など、業者の中にはお金を払って処分しなくてはならないものを独自のリサイクルルートに乗せるため無料で持って行ってくれることも結構あるので利用できるかどうか、聞いてみて損はありません。引っ越しで、荷物をまとめる際、緊張するのは割れ物の対応です。その扱いには、最後まで気を遣わなくてはなりません。安全に運ぶためには包み方の工夫も必要です。包むものが全て隠れるくらいの大きさに新聞紙を調整し、普通は一個ずつ底から包みますが、新聞紙にシワがつくように、一度丸めておくとぴったりしているよりもクッション効果が高くなります。それから、持ち手のついた食器類などあれば、その部分を最初に包装しておくと、欠ける危険が減ります。全ての人にとって引っ越しでは必ずダンボールが必要になるもので、サービスとして、業者がくれることもありますが、無料ではないとか、それだけでは足りないとかいう話も耳にします。そんなときはスーパーなど、大きなお店に行くと、業務用ダンボールはほとんど無料です。そうなるとサイズが揃わなくなります。移動の時は、ダンボールをたくさん積んでいくため、サイズが揃っていないと気をつけて積み重ねないといけません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク